明王院

ピラミッド型石塔が有名

創建は康平四年(1061)で、その後新田義重が中興したとされています。本堂には二体の不動明王がまつられており、内一体は鎌倉攻めの際、山伏に化身して義貞を勝利に導いたということで「新田触不動尊」と呼ばれています。

場所:太田市安養寺町199-1他
問合せ:0276-20-7090(太田市文化財課)

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換