トップページ会員紹介交通アクセスリンクお問い合せ English

イベントカレンダー観光ガイドマップおすすめ観光コース歴史・文化財名物・特産品グルメガイド宿泊ガイド

トップページ > 歴史・文化財 > 新田一族年代記

歴史・文化財

新田一族年代記 中世を駆け抜けた新田一族の光と影を振り返る

1106
新田義重の祖父源義家死す。
1108
浅間山噴火、田畑壊滅的な被害受ける。
1150
源義国が京都で左大臣藤原実能とトラブルを起こした ため勅勘により「足利の別業」に引退させられた。義重 は京都と現地を往復しながら下級官僚の仕事と新田地 方の開発に従事していたらしい。
1154
鳥羽法皇の御願寺「金剛心院」建立の頃には、 義重を開発地主とする「新田荘」が成立したらしい。地域は新田郡南西部の早川・石田川流 域の下流部で、後に「空閑の郷々」と呼ばれた 十九郷の範囲であろう。
1157
義重、開発私領を花山院藤原忠雅家へ寄進し、 下司職に補任される。
1170
この頃、新田荘は旧新田郡全域(現在の太田市南西部を 含む)に拡大する。
1180
義重、鎌倉に参り、源頼朝陣に加わる。
1193
頼朝、義重の新田館に遊覧する。
1202
義重死す。義重の子どもに、山名義範・里見義俊・新 田義兼・徳川(世良田)義季・額(強)戸経義があり、そ の子孫は新田・太田地方の郷村に土着してそれぞれの 地名を名字として発展していった。
1221
承久の乱。この年、徳川義季、世良田長楽寺を建立。
1241
新田政義、囚人を逐電させ、過怠料を取られる。
1244
新田政義、大番役中京都にて許可を得ずして 出家し、所領を没収される。
1272
世良田頼氏、幕府内紛に巻き込ま れ佐渡に流される。
1300
この頃、義貞生まれる。
1333
5・8
義貞、生品神社で旗挙げ。
西進して越後の一族と合流する。
5・11
小手指原合戦。
5・12
久米川の合戦。
515
分陪河原の合戦。
5・18
鎌倉包囲・攻撃開始。
5・22
北条氏滅亡・鎌倉幕府陥落。義貞、鎌倉に逗留。
1335
11・19
足利尊氏追討のため東海道を下る。
12・5
手越河原で足利直義と戦う。
12・11
箱根竹ノ下で尊氏と戦う。
1336
1・8
大渡に尊氏ら足利軍を防ぐ。
1・27
比叡山を下りて京都を襲撃。
3・30
白旗城を囲む。
5・25
義貞は和田岬に敗れる、楠木正成湊川に戦死。
5・27
後醍醐天皇を護衛し、叡山へ。
8・20
賀茂糺河原方面に戦い破れる。
10・10
恒良親王を奉じて越前に下る。
10・11
越前木ノ目峠にて多くの凍死者を出す。
10・13
敦賀に着き、金ヶ崎城に入る。
1337
3・6
金ヶ崎城落城、義貞杣山城へ脱出。
1338
越前国府を攻略。
5・2
黒丸城を囲む。
7・2
義貞、藤島荘灯明寺畷に戦死。
1342
義貞の弟義助病死。

ページのトップへ

新田氏系図

ページのトップへ